日々の活動報告

本日令和3年度補正予算が成立しました。

本日令和3年度補正予算が成立しました。
本会議場にて、自民党 公明党を代表して、
予算に賛成の立場から意見を述べさせていただきました。本会議場の壇上で、意見を述べる機会は中々あるものではありません。大変良い機会を頂きました。

賛成 自民党 公明党
反対 立憲民主党 維新の会 国民民主党 共産党

以下 お話しした内容です。

自由民主党の青山周平です。
私は自由民主党・公明党を代表し、
ただいま議題となっております令和三 年度一般会計補正予算(第一号)及び令 和三年度特別会計補正予算(特第一号) 以上二案に対しまして、賛成の立場から 討論を行います。
まず、新型コロナウイルス感染症によ って亡くなられた方々に謹んで哀悼の 意を表しますとともに、治療を受けてい らっしゃる方々、後遺症で苦しんでおら れる方々の、一日も早いご快復を、心よ りお祈り申し上げます。
また、日々、命を守るために闘ってお られる医療関係者の皆様をはじめ、職場、 学校、家庭、様々な場面で新型コロナウ イルスに対応しておられる全ての方々 に感謝の意を表します。

現在、多くの方々に努力いただいてお りますが、この感染状況を楽観せず、新 たな変異株の影響も懸念される中、感染 拡大に備え、危機管理に万全を期す必要 があります。
そのためには、医療提供体制の確保、 ワクチン接種の促進、治療薬の確保を進 めるとともに、人流抑制等の影響を受け る方々に寄り添った支援策について、的 確な予算措置を講じていかねばなりま せん。
同時に、我々政治家には、諸外国に遜 色ない日本経済の成長を実現させてい く責務があります。

世界ではデジタルやクリーンエネル ギーといった先端分野で熾烈な競争が 繰り広げられており、これらに大胆に投 資を行うことで成長につなげる必要が あります。また、日本の持続的な成長の ためには、賃上げ支援や人的資本への投 資など、分配も重要であり、的確な予算 措置を講じていかねばなりません。
このような考え方を基に、新型コロナ ウイルス感染症の困難を乗り越え、ポス トコロナの未来を切り拓くことで、国民 に安心と希望を届ける、そのために策定 されたのが、この補正予算であります。
以下、本補正予算に賛成する主な理由 を申し述べます。

第一に、病床や医療人材の確保、予防・ 発見から早期治療までの流れの強化と ともに、事業復活支援金、資金繰り支援、 時短要請等に応じた飲食店等への協力 金等といった事業者への支援や、住民税 非課税世帯や生活困窮者、学生への給付 金や雇用調整助成金の特例措置等の延 長といった生活・暮らしへの支援に必要 な経費等を計上し、新型コロナウイルス 感染症の拡大防止を講じる予算となっ ております。
第二に、予約不要の無料検査の拡大、 ワクチン・治療薬の研究開発・生産体制 の整備など、安全・安心を確保した上で、 「ウィズコロナ」の下での社会経済活動 の再開と次なる危機への備えのための 予算となっております。

第三に、大学ファンド、マイナポイン ト、デジタル田園都市国家構想関連、先 端半導体の国内生産拠点確保、経済安全 保障などの成長戦略、子育て世帯に対す る給付、看護・介護・保育・幼児教育な どの現場で働く方々の収入の引き上げ などの分配戦略に係る事業といった、未 来社会を切り拓く「新しい資本主義」の 起動のために必要な予算となっており ます。
第四に、激甚化する風水害や切迫する 大規模地震から国民を守るため、防災・ 減災、国土強靱化の推進や、本年7月及 び8月の大雨等の被災者等の生活・生業 (なりわい)の再建や、国家の安全保障 の確保に必要な施策を盛り込むなど、国 民の安全・安心を確保するための予算と なっております。

以上、本補正予算に賛成する理由を申 し述べました。議員皆様のご賛同を賜り ますことを強くお願い申し上げ賛成の 討論とさせて頂きます。

#予算 #補正予算 #国会 #衆議院 #岡崎市 #西尾市 #青山周平 #あおやま周平 #全力ムーブ

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP